top of page

<令和2年度 保険給付別柔整療養費の速報値>

医療経済実態調査による、令和2年度(2020)の柔道整復療養費の速報値をお知らせします。


各制度の事業状況報告から当該年度の給付として審査決定した給付額を集計した速報値であるため、数値は変わる可能性のある参考値としてとらえて下さい。

令和2年度(2020年4月~2021年3月)の速報値でありますが、初の緊急事態宣言発令など、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた年でもあります。


○協会けんぽ:625億円(前年比▲30億円)

○健保組合:284億円(前年比▲30億円)

○国共済:18億円(前年比▲2億円)

○地共済:ー

○私学共済:14億円(前年比±0)

○市町村国保:494億円(前年比▲83億円)

○国保組合:43億円(前年比▲5億円)

○後期高齢:597億円(前年比▲116億円)

最新記事

すべて表示

柔整あはき施術所への物価高対策支援金

各自治体ではコロナ禍における原油価格・物価高騰対策として、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師の施術所に対して支援金が給付されていますのでお知らせいたします。 (注意事項) ・掲載しているものは令和5年1月7日時点のものです。自治体の変更等により記載内容と異なる場合がありますので、必ず自治体ホームページをご確認ください。 ・支給要件を設けている自治体もありますので、必ず自治体ホーム

【重要】明細書発行義務化に関する疑義解釈について

厚生労働省より、10月から施行される明細書発行義務化に関する疑義解釈資料が発出されました。 ・厚生局に無償発行の届出を行った場合、患者によって加算を算定したりしなかったりは認められないこと。 ※一律で算定しないの判断は可 ・無償発行する場合は、体制加算の算定有無にかかわらず必ず厚生局への届出が必要であること。 などの内容になっています。以下の資料をご確認ください。

Comments


bottom of page